男性用の育毛シャンプーを使って抜け毛を防ごう

男性
  1. ホーム
  2. 効果が認められた飲み薬

効果が認められた飲み薬

サプリメント

ホルモンの働きを抑える

薄毛の人にとってお馴染みの薬としてプロペシアがあります。従来までは育毛剤による対策を行うことが一般的でしたが、現在では医薬品として効果が認められている飲み薬があります。プロペシアにはフィナステリドと呼ばれる成分が使用されており、男性ホルモンによって起きる薄毛を改善する効能が認められています。プロペシアの効果はアメリカ薬品医薬品局や、日本の厚生労働省の承認を受けているために、医療機関で処方が行われます。名古屋にも薄毛治療薬を取り扱っている病院があり、医師の診断の元に処方箋を受けて購入します。水と同時に1日1錠を半年間ほど継続して飲むことで、主成分が男性ホルモンを生成する還元酵素に働きかけます。フィナステリドには5αリダクターゼという還元酵素の機能を阻害する効能があり、抜け毛を増やすDHTを減らすことにつながります。DHTの生成量を減らすことで、抜け毛が増える要因の男性ホルモンを少なくして、毛周期を正常な状態に戻します。男性ホルモンが増えすぎてしまうと、毛周期が極端に短くなることがわかっており、男性型脱毛症のAGAの場合にプロペシアを飲むと改善効果があります。治療を開始する前には自分の薄毛がAGAによるものか把握することが重要で、名古屋には薄毛治療を受けられる医療機関があるので診察を受けることが大切です。名古屋では専門の検査を行える機器を設置している病院があり、AGAを発症しているかどうかを調べることが可能です。名古屋で検査を受けて薄毛の要因がAGAと判明したときには、プロペシアの処方を受けて治療を開始します。